こんにちは。熊本市中央区水前寺の整体サロン¨おがた整体室¨です。

 

https://ogata-seitaishitsu.com/

 

この記事は当院の肩甲骨はがしについてお話しします。

<Text:Takuya Ogata>

1981.12.13生 熊本県宇城市松橋町育ち。23才からカイロプラクティックを学び、その後幾つかの整体院に勤務。28才の時、地元の宇城市で開業。31才の時に熊本市平成に、36才の時に熊本市水前寺に移転。整体の枠に留まらず、フィットネスジムや歯科クリニック等と積極的にコラボし、健康情報を発信し続けている。

 


 

■もくじ

仝甲骨はがしとは

一般的な施術・もみほぐし

8甲骨がはがせない、効かない理由

づ院の施術

 

仝甲骨はがしとは

少し前に【肩甲骨はがし】という言葉が流行りましたよね。その名の通り、肩甲骨のふちに指を入れ、肩甲骨をはがすように動きを付けるためそのような名前が付いています。

 

 

現代人の多くは猫背、かつ巻き肩で肩甲骨は常に引っ張られた状態。すると、周囲の筋肉が緊張して硬くなり痛みが出たりします。

 

そこで、この肩甲骨はがしが活躍します。

 

一般的な施術・もみほぐし

一般的な整骨院や整体、もみほぐし店では肩甲骨を回したり、指圧をしたり、指を肩甲骨の隙間に入れて筋肉をゆるめます。

 

 

勿論、これで改善する方も多くいらっしゃると思います。しかし、私の経験上酷い方は思うように肩甲骨の間に指が入らなかったり、痛みが取れなかったりします。

 

なぜでしょうか?

 

8甲骨がはがせない、効かない理由

それは、肩甲骨周りの運動や機能の構造にあります。

 

 

肩甲骨は、通常このように前後筋肉に覆われて位置を保っています。

 

しかし、現代人の多くは前側の筋肉(大小胸筋)を使いすぎているために縮んで硬くなっています。

 

それが後ろ側の筋肉を引っ張る事につながり巻き肩や肩甲骨の痛みにつながります。

 

しかし、肩甲骨はがしというのは後ろ側(伸ばされている方)に指を入れて引っ張るため、前側の筋肉は縮んだままという事が多いのです。

 

又、肩甲骨を下に引っ張る肩甲下筋という筋肉もアプローチされないまま放置されている事が多々あります。

 

これでは中々、痛みや姿勢の改善は難しくなります。

 

づ院の施術

当院はこの大小胸筋や肩甲下筋を直接、又は間接的におなかの奥の腸腰筋をゆるめて肩甲骨の動きをより付けて痛みや姿勢の改善に繋げていきます。

 

すると、通常の肩甲骨はがしよりも肩甲骨がより動くようになり痛みや姿勢の改善につながります。

 

興味のある方はぜひ一度ご相談ください。

 

 

 

 


いかがでしたか?その他気になる事がありましたら、下記のリンク先、又はコメント欄にてご質問下さい。最後までご覧頂きありがとうございました。

 

■当院の場所と駐車場

 

当院は熊本都市バス競輪場前バス停そばのマンションになります。

 

 

通勤にバスをご利用の方はもちろん、近くの交番横のコインパーキングを停めて頂けばお車でのご来店も可能です。

 

おがた整体室HP

https://ogata-seitaishitsu.com/

 

おがた整体室公式Blog

http://ogata1098.jugem.jp/

 

おがた整体室公式Youtube ※今チャンネル登録すると全コース1000円引き!

https://www.youtube.com/channel/UCgKUgkmbp-cTXYVhpi8U10A/featured?view_as=subscriber

 

 

              ogataseitaishitsu_bana-.png


             友だち追加